KOBE SOCIAL CAMPUS

イベント

夢を語ろう!

【夢を語ろう!】

「どうせ無理、現実的じゃない」
「周りに同じ考えを持った人がいない、バカにされる」
そんな思いで諦めてしまった夢、だけどずっと内に秘めている夢、ありませんか?

本イベントでは、一度はプロテニスプレーヤーという夢を諦めることになったものの、別の道からテニス4大大会のコートに立つという大きな目標を成し遂げたゲストを招き、夢の見つけ方、夢の達成方法について考えていきます!
どんな夢も自由に語ることができ、受け入れられる場を作ります。

▶日程◀
2月17日(日)15:00~17:00

▶場所◀
神戸ソーシャルキャンパス

▶参加費◀(ドリンク、お茶菓子代込)
・神戸ソーシャルキャンパス登録学生
300円
・未登録学生
500円(当日その場で登録可能)
・社会人
500円

▶ゲストプロフィール◀
廣瀬 有哉
1997年3月25日生まれ、現在21歳
神戸在住
大阪社会体育専門学校卒業
職業 テニス審判員、テニス指導者

中学生の時にテニスと出会い、テニス漬けの人生を送り始める。中学はソフトテニス、高校は硬式テニス。中学3年生の頃からプロテニスプレーヤーを夢みるも、自分の夢を強く語れず自信を失い夢を諦める。
その後、大阪社会体育専門学校へ進学し、テニスコーチを目指す。専門学校在学中、トッププロテニスプレーヤー達が集まる試合でテニスライン審判を経験。テニスライン審判で世界に行くチャンスを感じ、新たな夢が生まれる。

卒業後はフリーで「テニス審判員兼テニスコーチ」として活動する。
プロテニスライン審判員になるという夢は、強く人に語り続けた結果、ついに夢を叶える。

2017年には、国別対抗戦デビスカップで日本代表ライン審判員に選出。日本国内最大トーナメントATP500楽天ジャパンオープンの決勝戦の舞台でライン審判を経験する。2018年9月現在までは、世界四大大会のウィンブルドン(イギリス)やATPマスターズ1000ロジャースカップ(カナダ)等の海外大会も多数経験中。
2020年東京オリンピックのテニストーナメント決勝戦の舞台に立つ事を目指し日々奮闘中。

強く夢を語る事で夢が叶う事を実感し、夢を語る事の大切さを伝える活動を始める。

▶申し込み方法◀
①神戸ソーシャルキャンパス利用登録済みの方
このページで「参加する」をクリックしていただくか、info@kobesocialcampus.netまで、参加希望の旨をご連絡ください。
②神戸ソーシャルキャンパス未登録の方
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdU9RaF4KyjXPQHPuoI94jedU6vcejMcH6lReUexX9wD8w1Eg/viewform
上記URLの登録フォームより利用登録を済ませた上で、このページで「参加する」をクリックしていただくか、info@kobesocialcampus.netまで参加希望の旨をご連絡ください。