KOBE SOCIAL CAMPUS

プロジェクト

留学生のQOCL=Quality Of Campus Life 向上プロジェクト

※本プロジェクトは、現在進行中で活動しています。毎週木曜日の18時から神戸ソーシャルキャンパスで外国人留学生との交流会を行っているため、外国人の友人も連れていつでも気軽にお越しください。

■活動の背景と概要

神戸に多く訪れる外国人留学生。せっかく日本という国を選んで学びに来てくれる彼らの人生にとって、留学が良いものになるように、日本人学生としてできることってなんだろう?と考え、結成されたのが「留学生の”QOCL”を向上させよう!」プロジェクトです。

神戸ソーシャルキャンパスは、「学生に神戸という地域全体をキャンパスとして学生生活を送ってほしい」という想いの元、学生による学外活動を支援しています。例えば、学生チームで商店街のお祭りを企画したり、日本酒好きの女子大生で日本酒の勉強会(という名の飲み会)を開催したり。。

しかし、神戸には多くの留学生がいるのにも関わらず、留学生によるこれらの活動への参加状況はほぼ見られない状況です。。そこで、神戸ソーシャルキャンパスの活動や地域、NPOの活動に、もっと留学生を巻き込んでいきたいと思い今回のプロジェクトの発足に至りました。

■主な活動プロセス

◆ヒアリング&意見交換

・留学生(もしくは留学予定、留学修了後の学生)

・各大学の留学生センター、留学生支援課等

・留学生支援活動をしているNPOや地域団体へのヒアリング調査

以上を通じて、学生メンバー同士で意見交換を行っています。

◆課題分析、活動の企画立案

上記の結果分析と再調査を繰り返し、以下の点を明らかにします。

・留学生が望む理想の留学生活

・留学の最終目的

・実際の留学生活

・留学生活の理想と現実のギャップ

・ギャップを生み出している真因

・真因の解決に向けて学生として取り組めること

◆課題解決活動の実施

上記を経て立案された活動企画を実践します!

※実践の為に必要なモノ・ヒト・カネについても、神戸ソーシャルキャンパスコーディネーターと一緒に、調達方法を考えます。

想定される課題解決活動(妄想段階)

・留学生の就職活動支援

・留学生向けアルバイト情報発信サイト制作

・留学生によるインカレサークルの発足

・留学生向け神戸観光案内事業

・留学生によるふるさと料理クッキング教室

などなど、留学生のキャンパスライフをより豊かにする活動を企画し、実践していきます!