KOBE SOCIAL CAMPUS

イベント

Talking “Social Career” ~生き方を考える~ Vol.12

▶Talking “Social Career” ~生き方を考える~ Vol.12◀

自分を動かす”活力”って?

「将来やりたいことってなんだろう」
「企業で働いている自分がイメージできない」
「就活の軸が分からない」
「働くことに対するモチベーションが見つからない」
「就活しんどい」
などなど、思ったことはありませんか?
このイベントでは、就職サイトでは見つからないような
「人とちょっと変わったシゴト」
「いろんな生き方」
について知り、これまでとちょっと違う視点から自分のこれからについて考えてみようというトークイベントです。

今回は関西学院大学現役生の三宅悠生さんをゲストに迎えます!海外での暮らしや国連ボランティアを通して自分の活力の素を見つけた三宅さんのお話から、キャリアについて改めて考えてみましょう。

▶日程◀
10月27日(土)19:00~21:00

▶場所◀
神戸ソーシャルキャンパス

▶参加費◀(ドリンク、お茶菓子代込)
▶神戸ソーシャルキャンパス登録学生
300円
▶未登録学生
500円(当日その場で登録可能)
▶社会人
500円

▶ゲストプロフィール◀
三宅 悠生さん
関西学院大学 国際学部5年(2019年 卒業予定)
1995年生まれ。神戸生まれ、アメリカ育ち。
5歳の時家族の都合により、アメリカに引っ越す。現地の幼稚園・小学校に通いながら1から英語を勉強し、グローバルな環境で育つ。
元々物静かなで恥ずかしがり屋な性格であったが周りの子や友達に感化され、小中学校時代10個のクラブ・課外活動に参加・掛け持ちする。
中学3年時(14歳)日本に帰国。中高一貫の大阪のインターナショナルスクールに通う。本学で受講した「模擬国連」・「平和学」という授業を機に紛争や戦争により多くの人や子供が命を奪われているという現実に強い問題意識を抱き、国際協力のフィールドを目指すようになる。
関西学院大学国際学部に入学し、国際関係・国際開発を中心に学習。学問だけでなく男声合唱団・オープンキャンパスの実行団体の活動に積極的に励む。
大学3年生にオーストラリアのクイーンズランド大学に半年間留学。勉強内容の難易度の高さ、海外学生・留学生の勉強に対する意欲の高さを感じ、世界レベルの高さを痛感。
大学4年生の頃国連ユースボランティアとしてエジプトへと派遣されるという経歴を持つ
来年1月から内閣府の世界青年の船事業の日本参加青年として外国10か国から来る外国参加青年と共にオーストラリア含む3か国を訪問予定。

▶申し込み方法◀
①神戸ソーシャルキャンパス利用登録済みの方
このページで「参加する」をクリックしていただくか、info@kobesocialcampus.netまで、参加希望の旨をご連絡ください。

②神戸ソーシャルキャンパス未登録の方
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdU9RaF4KyjXPQHPuoI94jedU6vcejMcH6lReUexX9wD8w1Eg/viewform

上記URLの登録フォームより利用登録を済ませた上で、このページで「参加する」をクリックしていただくか、info@kobesocialcampus.netまで参加希望の旨をご連絡ください。